脱毛 夏 日焼け

夏の脱毛で気をつけること!露出の多い季節こそ要注意!

剃っても抜いても生えてきてしまうムダ毛をなくして、
つるつるの肌になりたいと思う人が多い季節がやはり夏です。
暖かくなってくると、脱毛したい人がサロンやクリニックに行き始めたり、
次の夏こそと思って脱毛を始めた人が仕上げの段階に入ったりと、
美肌になるための気合が入る季節です。

 

脱毛は、ムダ毛の毛根にある黒い色のメラニン色素に、
黒い色に反応して熱に変わる性質の特殊な光を当てることで、
熱が発生させ、熱で毛根の毛を作る働きにダメージを与えるという仕組みです。
メラニン色素に反応する性質の光を使うことで、
毛根以外の肌の他の部分には悪影響がなく安全な方法なのですが、
急に日焼けをして、肌にメラニン色素が発生している状態の場合には、
肌にあるメラニン色素に反応してしまう可能性があります。

 

脱毛の光を照射したときに、肌のメラニン色素と反応して熱に変わってしまうと、
肌に影響が出てしまう恐れがあるため、
日焼け直後には、サロンでもクリニックでも
肌に光を当てる脱毛の照射をすることができません。

 

夏の脱毛をするときには、
日焼け止めクリームを塗ったり、肌を覆うような服装をしたりして
日焼けを防ぐことが大切です。
できれば、日焼けをしないように外での活動を控え、
日中は、室内でも日焼け止めクリームを塗ることがおすすめです。

 

もちろん仕事などで仕方がない場合には、
帽子や日傘、UVカット性能のある衣服など、複数の日焼け止めアイテムを併用して、
肌のメラニン色素を増やさないように気を付けるとよいでしょう。

 

サロンやクリニックでは、万が一に備えるため、
日焼けをしている場合には、脱毛を断ることになっています。
せっかく脱毛を計画的に進めているのに、施術を受けられないと残念な思いをしてしまうので、
日に焼けないように気を付けることが大切です。
また、安全のために、焼けてしまった場合には正直に伝え、
肌の状態がおさまってから施術を受けるように、
自主的に予約をキャンセルしたり、延期したりすることが大切です。