脱毛 風邪 脱毛サロン

風邪のときは脱毛サロンに通ってはいけない理由!

サロンで脱毛するときには、事前に予約をしておかなければいけません。
当日に行けなくなったときは、脱毛サロンの予約はキャンセルする必要があります。
風邪を引いたときも、脱毛サロンはキャンセルしなければいけません。

 

風邪を引いた状態で脱毛の施術を受けると、予期せぬトラブルが起きる可能性があります。
肌に深刻なトラブルを与える可能性も無視できないので、風邪のときは避けるのがベストです。

 

風邪のときに脱毛をしたことで考えられるトラブルとは、肌の赤みや腫れです。
脱毛の施術では、熱を持ったレーザーで処理をしていきます。
レーザーを当てると肌は熱くなるので、通常脱毛サロンでは施術の前後に、ジェルなどを使って冷却します。
しかし、熱があるときは全体に体温が高くなっていますから、ジェルなどの冷却効果は低下します。
そのため、レーザーによって熱くなった肌を冷やすことが難しくなるので、赤みや腫れができやすくなるのです。

 

また、風邪を引いていると薬を飲みます。
薬には発汗作用があるので、汗がかきやすい肌の状態で脱毛するのも危険です。
風邪に限らず、薬を飲んでいるときは施術は避けるのが無難です。

 

さらに風邪を引いているときの体の状態は、抵抗力が低くなっています。
肌の抵抗力も弱まっているので、普段は問題のないちょっとした細菌にも感染する危険が高いです。
感染症を予防する観点からも、脱毛はするべきではありません。

 

なかなか予約の取りにくい脱毛サロンだと、キャンセルするのがもったいなく感じる女性もいるでしょう。
そのため、風邪を引いた状態でも自分が辛くないと思ったら、脱毛サロンに行こうとするかもしれません。
しかし、自分では大丈夫だと思っていても、体はまだ健康な状態に戻りきっていないこともあります。

 

予期せぬトラブルを引き起こされ、重大な健康被害に遭わないためにも、安全を第一にキャンセルをしましょう。
脱毛は健康な体のときに、受けなければいけません。