家庭用脱毛器 メリット デメリット

家庭用脱毛器はお手軽だけど、やれることに限界も!

エステやクリニックで脱毛したくても、経済的な事情で躊躇している方もいると思います。
そのような場合は、家庭用脱毛器を購入して
自分で脱毛していけば経済的な負担を抑えることができます。
現在人気のある家庭用脱毛器の中には、プロの脱毛方法を取り入れた製品があります。
このような評価の高い家庭用脱毛器を購入して継続して使っていけばある程度の効果が期待できます。

 

脱毛効果が期待できる家庭用脱毛器には
フラッシュ脱毛式とレーザー脱毛式の2種類があります。
家庭用フラッシュ脱毛器の方が痛みが少ないので、
濃いムダ毛が密集している部位でもリラックスしながら気軽に使用することができます。

 

家庭用レーザー脱毛器の場合、出力が高いため痛みを感じることが多くなりますが、
その分早期に効果を実感しやすい製品といえます。

 

家庭用脱毛器で脱毛する場合も、
プロの施術と同じように毛周期に配慮して使用することをおすすめします。
毛周期とは体毛の生え変わるサイクルのことを意味しています。
毛が生え始める成長期、生えた毛が弱っていく退行期、
弱った毛が抜け落ちて生えない状態の休止期の3つに分けることが多いです。
家庭用脱毛器で脱毛していく場合も、
プロの施術と同じくムダ毛が成長期の時に照射していくことで、効率よく脱毛していくことが可能です。

 

しかし、エステやクリニックで使用するプロの脱毛マシンと比べると
家庭用脱毛器は出力が弱いのがデメリットです。
そのため、脱毛効果を家庭用製品で実感できるようになるには
かなりの時間が必要になるケースが多いです。

 

毛周期の関係上、短期間で何回使用しても効果に差は生じることはないでしょう。
家庭用製品で脱毛効果を実感するためには、忍耐強く継続して使っていく必要があります。

 

出力の弱い家庭用脱毛器で効果を実感しやすいのは比較的濃くて太いムダ毛です。
反対に、産毛や薄いムダ毛に使用しても効果を実感するのは難しくなるでしょう。
自分で脱毛してみて、どうしても効果を実感できない部位はプロに相談してみることをおすすめします。